MENU

女性特有のがん

カウンセリング

卵巣がんとは、女性ホルモンを司る卵巣に出来るがんのことです。卵巣は女性にしかない器官なので、女性特有の病気であるといえます。卵巣がんになる理由としては、毎月の排卵の時に卵巣内部の傷ついた部分を刺激してしまい、その部分ががん化するという説が有力であるとされています。卵巣がん予防策として有効であるとされている方法がいくつかあり、その中に妊娠や出産があります。妊娠すると卵巣からの排卵が停止するため、卵巣に休息期間を作ってあげることが出来ます。そして、出産を行ない、授乳期間中は排卵は引き続き停止するため、さらなる休息期間を作ってあげることが出来るのです。女性の身体は第二次性徴を迎えてから閉経まで、卵巣では毎月排卵が行われています。そのため、妊娠中や出産直後の排卵停止で、卵巣への負担を軽減することが出来るのです。

卵巣がんは、卵巣の摘出により治療出来ます。しかし、骨盤や内臓へ転移する可能性もあるため、手術後にも注が必要です。手術後に違和感がある場合はなるべく早く医療機関に相談するのが望ましいといえます。転移の初期の段階であれば、早期治療が可能となる場合があるからです。

卵巣がん以外にも、女性特有のがんはあります。それは子宮体がんや子宮頸がんです。子宮体がんは子宮の本体である子宮体内部にがんが発生します。一方、子宮頸がんは子供が生まれる産道にあたる子宮頚部に発生するがんです。子宮がんの大部分が子宮頸がんであり、比較的若い女性の方が子宮頸がんになる確率が高くなっています。いずれのがんの場合であっても、検査による早期発見と早期治療を行なうことが大切なのです。

PICK UP

ドクターとナース

診療内容の特徴

池袋駅前の内科クリニックを利用するときには、会社帰りや学校帰りに受診できるホームドクターと位置付けることが重要です。また忙しい人でも受診しやすいのが魅力的であり、各種検査を受けたり漢方薬の処方を受けることも可能です。

詳しく見る

医者と看護師

悩まず病院に行こう

泌尿器科といえば何となく行きにくい病院と感じます。しかし何もしないで放置しておいても病気は治りません。泌尿器科が多く開業している東京新宿には、そのような方々をあたたかく診察してくれる病院が多数存在しています。

詳しく見る

バスト

検査の重要性

女性にとって怖い病気のひとつである乳がん、怖いですがきちんと検査を定期的に受けることによって、進行を防いだり、悪化する前に完治することができたりします。なので、とにかく検査を受けるということが一番大切です。

詳しく見る

Copyright© 2017 がん予防から転移の治療法まで│病気撃退マニュアル All Rights Reserved.